小学生になる前に何を習わせるべきか

誕生する前に…

自分の身を守る

これから生きていくうえであっても困らないものを始めてほしいですね。
もちろん身につくのであるならば何でも教えてあげたいですが、何もかもが初めての赤ちゃんに何個も習わせるのも疲れてしまいますし、生きているだけでも勉強なので、日常ではあまりできず自分の身を守ってくれるものとして水泳はいかがでしょうか。
もちろん赤ちゃんは泳げないですが、お腹の中での羊水状態を思い出し、心地よいのではないでしょうか。足をバタバタさせたり体を動かすことで体力がつき、その後の筋力の発達にも一役買ってくれそうです。
そして親も一緒にプールに入ったりすることでより濃厚なコミュニケーションになりますし、リフレッシュにもなりそうです。
水泳は自分の努力次第でどうにでもなるものだそうなので、長く習わせて努力のできる子になってもらいたいですね。

どんな力がつくのか

音を感じ、リズムに乗る、というのは大人になってもとても良い影響を与えるものです。
子供にとって、様々な音楽と触れ合い、決まったものではなく自分が思ったようにダンスしてみたり、楽器だけでなく身近な物を使って音を出して想像もしていなかったような音に驚いたり、周りの子たちとリズムに合わせて、手を叩いたりすることは、自分自身が楽しいと思うこと以上の効果を得られるものになるようです。
将来的な人間性、というところにまで素晴らしい影響を与えることになるようです。そのように音楽によってその子の様々な能力を高めるための習い事をリトミックというようです。
年齢に合わせてすることは変わってくるとは思いますがリトミックほど小さい時にやっておいたほうが良いことなのかもしれません。